Take1の旅


第四回 〜寄り道だらけ〜


Take1の旅、4回目は、3回目の冒頭でお話しました「車で北島の西側をまわろう!」 の続きです。
が。
せっかくの車の旅です。
ツアーや電車の旅では立ち寄れない、小さな発見を中心にお届けしたいと思います。

さて、雄大な自然のトンガリロを後にした我々は、一路1号を南へ。
パーマストンノースに向かう途中、小さな名も無き町(じつは忘れただけです)へ立ち寄ります。(写真1)
1時間近く車で遠ざかったのにもかかわらず、町の向うにはトンガリロの山々が未だ白くそびえ、 真っ青な晴天に恵まれた空へ、とても美しく映えていました。
そして我々はここで、キャッシュディスペンサーから現金を調達。(笑
再び乗車し、1号を南下しました。

ところで、パーマストンノースに近い1号沿いは、ガーデニングのメッカと言われているそうです。
ならばさぞかしシャッターチャンスがあるだろうと張り切っていたのですが、 道路からはあまりその様子は見受けられませんでした。
個人宅の庭を一般公開するものが多いということなので、 宅内へ一歩踏み込まないと期待した風景には出会えないのかもしれません。
ところどころ、道路からも綺麗な花畑が見えたのですが、想像していた規模のものでなかったのが残念です。

さて、旅路は多少間をはしょり、場所はワンガヌイ。
デュリー・ヒルという丘の上に、戦没者慰霊の塔(写真2)が立っています。
この塔、中は螺旋階段になっていて、最上階から市街地全景が一望できます。
晴れた日は遠くトンガリロの山々でさえ見ることができます。
なんともすばらしいのですが、最上階まで登るのが、本当に大変…。
スタッフも途中でふくらはぎ、ももがツリそうになりました。
体力に自信のある人、おすすめです!

その後、パーマストンノースに向かう途中で、我々スタッフは不思議な光景を目にしました。
それはまるで、ラピュタが出てきそうな雲!(写真3)
発見後すぐに停車、その後5分間の撮影タイム(笑
「なんか、いいモノ見たね〜」って感じで、その場を後にしました。

さらにその後、向かったパーマストンノースでは、なんと我々、公園で遊具にはまってしまいました。(写真4)
日本にはない開放感とめずらしい遊具にはしゃぎまくり。
とくに2人がけのブランコ(写真5)はコツも要し、年甲斐も無く楽しく遊んでしまいました。
ちなみにパーマストンノース近くにある、富士山にそっくりだと言われるMt.タラナキは、あいにくの天気で雲の写真しか取ることが出来ませんでした。
ざんねん…

寄り道たっぷりの気楽な旅でした。
次はどこへ行こうかな〜。

写真1 大きな町には無い趣があります



写真2 中はほぼ螺旋階段です



写真3 大きくうずまいてます



写真4 成人とは思えない見事なはしゃぎっぷり



写真5 2人がけのブランコはコグのにコツが!






皆さんも楽しい車の旅をしませんか?
Take1では安全、快適なレンタカーをご用意しております。
お気軽にご連絡ください。
↓↓
 レンタカーのページ

TOP