レンタカー
HOME ご利用案内 保険制度 交通事情 申し込み 料金表
ニュージーランドも、日本と同じ右側走行。しかも走っているのはほとんど日本車です。初めて来られた方でもその道路の光景にあまり違和感を覚えないでしょう。
それでも国が違えば法律も習慣も日本と異なる点がいろいろあります。そこで、実際にニュージーランドでレンタカーを利用する際の注意点をまとめてみました。


ラウンドアバウトと右折優先←2012年3月25日をもって左折優先に変更新ルール
日本の交通システムとの大きな違いはこの1点。1.中心の島を、既走車両を優先し周回するラウンドアバウト。右折の時でも必ず左を回って行きます。
ウインカーの出し方を守って慎重に入りましょう。左折する場合は左、右折する場合は右にウインカーを出しながら入ります。右折の場合、ラウンドアバウトを出る直前に左にウインカーを出します。
2.今まで日本と決定的に逆だったのが、右折優先というルール。このルールは2012年3月25日、日本と同じ左折優先ルールに変更となりました。
ラウンドアバウト
シートベルトとベビーシート
ニュージーランドでは、全席シートベルト着用が法律で義務づけられています。
また、4歳以下のお子様は後部座席に幼児専用シート着用が義務付けられています。幼児専用シートは1人1席分として計算します。(必要な方はレンタカーを借りるときにお申し出ください)
バスレーンnew
市内では、バス専用レーンが設けられ、バス以外の車両の走行を禁止しています。
時間や曜日の制限は、場所によって異なりますが、違反した場合には、NZ$150の罰金が課せられます。
携帯電話new
走行中の携帯電話使用は、ハンズフリー器具を利用しないと交通違反となり罰金が科せられます。(2009年11月施行予定)
大変危険な行為で、事故の原因となります。
料金支払機
The Northern Gateway Toll Roadnew
2009年1月末、Orewaの近くに有料道路が出来ました。Albeny〜Puhoi間から以北へ延びるStateHighway1の延長道路となっています。
料金は片道$2.00。手前のBPガソリンスタンド内にある自動支払機にて、利用する分だけ前払いをして下さい。
交通違反
違反行為はさまざまありますが、日本人ドライバーに多い違反は、「駐車違反」「スピード違反」です。
各地にカメラが設置され、制限速度を超えるとナンバープレートの登録番号から登録者の住所へ違反チケットが送られてきます。
最近では、バンの中にカメラを設置して道路脇にとめてある場合もあります。
スピード違反の罰金は$80〜$500。通常11kmオーバーからとられます。日本に帰っても罰金はどこまでも追いかけて来ますし、金額も増えますから、くれぐれもご注意を。
ちなみに、速度制限は市内で50km、ハイウェイで100kmです。
ニュージーランドでは歩行者優先が絶対であり、スクールゾーンでは制限速度5kmオーバーから違反となります。
駐車情報
PAY&DISPLAYの表示があれば、路上にパーキングメーターが設置されており、コインまたはクレジットカードで利用できます。
場所と時間によって料金は異なりますが1時間$4程度です。
私営駐車場は30分$3ドル、ホテルは宿泊者の場合1日20ドル程です。
路上駐車 サイン
盗難にご注意
駐車するときは荷物は一切車内に残さないこと。たとえお菓子ひとつでもドアをこじ開けられることがあります。
観光スポットで沢山の車があるから大丈夫、と思っても、泥棒は狙った人の行動を見ています。どんなにロックをしていても鍵は2秒で開け、2分でトランクの中の荷物まで盗んで逃げてしまうといわれています。ちょっと写真を撮っている間に、という事件は珍しくありません。くれぐれも注意してください。
ヒッチハイカー
トラブルのもとになりますから絶対にのせないこと。
給油
給油は基本的にセルフサービスです。ボタンで入れたい金額を入力した場合、金額分が給油されると自動的に給油が止まります。満タンはFullのボタンを押すと、満タンの状態で自動的に給油が止まります。夜間は前払いのところが多く、先にキャッシャーで支払った後、指定されたノズルの番号で給油できます。
給油はなるべく昼間に済ませましょう。
ガソリン
事故がないのが一番ですが、自分が気をつけていても巻き込まれてしまうこともあります。
事故の際の行動原則は次の通りです。
1. まず停車する。
2. 怪我人がいたら助ける。
3. 警告灯をつけて他の車に事故の発生を知らせる。
4. 警察に事故の発生を知らせる。(警察、救急とも電話番号は111)
5. レンタカー会社へ報告する。
6. 相手がいた場合、相手の運転手の名前、免許証番号、車種、ナンバープレート番号、連絡先、保険会社の名前と保険証の番号を交換する。
7. レンタカー会社の指示に従って24時間以内に所定の用紙に記入し提出する。
誠実な対応は必要ですが、安易に相手に"I'm sorry"と言わないようにします。あとで謝ったといって責任のすべてを負わされることもあります。どちらに責任があるかは保険会社が解決します。


[HOME] [営業所案内] [ご利用ガイド] [料金表・車種] [保険制度案内] [ご予約・質問] [アドバイス] [よくある質問]